スバル1000

スバル1000

d0166760_16514840.jpg

1966年5月に富士重工業初の小型車として発売された。モータリゼーション時代に求められる直進安定性、ゆとりある室内空間といった理想を追求し、前輪駆動(FF)、水平対向エンジン、センターピボット式ステアリングなどを採用した意欲的かつ挑戦的な車両で、そのメカニズムや基本性能は当時のライバル車と大幅に異なっていた。「1,500ccクラス並み」と謳われた室内ユーティリティを生む優れたパッケージングや、かつての航空機製造技術に基づいたユニークかつ合理的なエンジニアリングは、後に「スバリスト」と呼ばれる熱狂的なスバル愛好家を生むきっかけとなった。
[PR]
by laboratory2003621 | 2012-09-06 16:52 | ロマン
<< Honey bees matutaku cycle >>