忘れてはいけない8月6日



広島は今日8月6日



被爆から67年の「原爆の日」を迎え朝から祈りに包まれます。

広島市の平和公園では今日8月6日

夜明け前から被爆者された方

遺族の方が来られ静かに手を合わせておられます。

67年前にアメリカが広島に落とした原爆で原推定14万人が亡くなられた


午前8時から行われる平和記念式典では、原爆が投下された8時15分に1分間の黙祷が捧げられ

松井市長が平和宣言を読み上げられます、被爆体験を盛り込み、また、政府に対しては「黒い雨」の降雨地域拡大に向け、政治判断を求め、東日本大震災に関連して、市民の暮らしを守るためのエネルギー政策を一刻も早く確立するよう訴えられるようです

暑い暑い、原爆投下のあの日と同じ夏、広島は祈りの一日になります
d0166760_87165.jpg

家族で黙祷

この子達に伝えて行かないと

そして未来に

それぞれの 思いを重ね 祈ります
[PR]
by laboratory2003621 | 2012-08-06 07:29 | ロマン
<< amago 差し入れ >>